健康寿命を延ばし高齢者が楽しみながら認知機能ケアに取り組む環境をつくります。

適度な収入を得ながらイキイキと暮らすために、小さなシェア起業のススメ

公開日:2019年9月6日│カテゴリ:コラム

適度な収入を得ながらイキイキと暮らすために、小さなシェア起業のススメ

起業の定年延長や再就職支援など、今や老後も働くことが当たり前の時代を迎えつつあります。

まず、そこまで働けるのかという心配はもちろん、そもそも老後の生活そのものに不安を抱いている人が多いのも事実。中でも多いのが「老後の生活費」と「健康」に関する悩みで、その準備として、資金計画の見直しや、健康のための体づくりのといった内容が挙げられています。

 

今のままでは不安だから少しでも適度な収入を得たい、年齢を重ねてもイキイキと過ごしていたい、そう考えている方も多いはず。一方で、収入を得る手段がわからないという不安もあるのではないでしょうか。

 

ハーティネスでは、“小さなシェア起業”をおすすめしています。

 

小さなシェア起業とは

起業と書いていますが、決して無理に起業を推し進めようという話ではありません。

 

小さなシェア起業の定義は、

・まずは数万円程度の収入を目指す

・これまでの経験で培ったノウハウや知恵をお客様と共有(シェア)する

・家賃などの固定費をあまりかけず、従業員は雇用せず仲間と知恵を出し合う

・自分の都合のいい曜日や時間帯で働き、無理をしない

 

で、イメージとしては、よりハードルを下げた副業のようなもの。たとえるなら、体に良い食習慣や運動のように、イキイキと暮らすためのヒントのひとつです。

 

一般的な起業や副業とは違うのは、地域というより身近なところで小さな仕事からスタートできるということ。周りに同じ立場の仲間がいるので、困ったときも相談したり、アイデアを出しあったりできます。

また、自分のことをよく知る仲間が増えていくことで、自分では当たり前すぎて今まで気づかなかった強みを、周りが気づいて伝えてくれることも、シェア起業ならではのメリットです。

 

 

自分のスキルをお金に変える経験を

最近ではテレビCMやインターネットの影響もあり、個人が収入を得る手段として副業が大きく注目されています。ただ副業と聞くと、若いビジネスパーソンがしているものと思われがちです。

しかし私たちのような50代からシニア層にこそ、自分の持つスキルをお金に変える経験が必要となってきます。

 

その理由の一つが、自分が他の人の役に立っているという充実感が得られるということ。

もちろん、自分の好きなペースで収入を得られるのも大きなメリットのひとつです。ただそれ以上に、自分のスキルや今までやってきたことで「ありがとう」と感謝されたり、周りの役に立てたりすることで、働くことに対してより意欲的にもなれ、生活にハリをだすことができます。

 

また、シニア層は仕事をはじめ家事や育児、介護などさまざまな人生経験をしてこられた方が多いです。そのときに得た学びや気づきを周りと共有するだけでも、立派なビジネスの種となります。

これらを経験しておくと、「自分にもできることがある」と前向きになれ、さまざまなことにチャレンジするきっかけにもつながっていきます。そうすることで、自然と多くの人たちと関わる機会も生まれますし、結果的に社会とつながりを持ち続けることができるのです。

 

まずは小さなチャレンジから

実際に何かをしてみようと思っても、何をすればいいかわからない方も多いはず。

たとえば、仕事でパソコンを使っていた経験を生かして少人数の初心者向け講座をやってみる、家事で培ったスキルを他の人も利用できるよう紹介するなど、これも立派なシェア起業のひとつです。

 

自分にとっては些細なものであっても、周りから見ると真似できないものだったということはよくあります。

 

まずは、自分の持っているスキルや経験は何かを棚卸ししてみるのもいいかもしれません。

 

まとめ 上町カフェでシェア起業の第一歩を踏み出そう

「自分のスキルに自信がないけど、何かチャレンジしてみたい」という方もいるかもしれません。

 

上町カフェでは、シェア起業の一環として、コミュニティリーダー育成の取り組みを行っています。これは、認知症予防に取り組むコミュニティづくりを支援しながら、認知症予防の認定資格を持ったインストラクターを育成するというもの。

資格取得後は、コミュニティのオーナーの方からインストラクターとしてお仕事の依頼を受けるほか、インストラクターを育成する側に回ることもあります。

さまざまな活動を通して、自分の棚卸しを行い、その結果プロのインストラクターとして活動するもよし、自分の経験やスキルを活かして新たなチャレンジをするもよし。

上町カフェではそのような活動をサポートする場を作り、提供しています。

 

ご自身の趣味の写真の知識を教える・観てもらう場を作る・販売する

趣味のお菓子を販売してみる。パッケージを考える。

 

ハーティネスでは、店販品をお預かりすることや、ブース出店のサポート等も開始しているので、是非、お声掛けください。

 

今後もイキイキと暮らすために、まずは自分のスキルをお金に変える経験をしてみませんか。

【シェア起業動画イメージ動画】それぞれの人生100年時代に向けて今から創める大人カルチャー

ハーティネス上町カフェへのアクセス

〒540-0005大阪市中央区上町1-6-9NS清水谷206

MAPを見る

  • 大阪メトロ長堀鶴見緑地線 玉造駅1番出口より徒歩約4分
  • 大阪メトロ長堀鶴見緑地線 谷町六丁目駅7番出口より徒歩約8分
  • JR環状線玉造駅(JR)出口より西へ徒歩約9分
  • 18・85系統 清水谷高校前バス停前

※ルピノー玉造店(ケーキ屋さん)の入り口横にピンクのテントがあり、自動ドアよりお上がりください。

※車いすご利用やお荷物がある方など、一旦自動ドアのインターフォンでお呼び出しください。
エレベーターにご案内致します。

 


関連記事[コラム

 Comment

  Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です