健康寿命を延ばし高齢者が楽しみながら認知機能ケアに取り組む環境をつくります。

ふわふわの春キャベツもおいしいです~キャベツ

公開日:2021年4月4日│カテゴリ:カフェランチ/旬の食材

こんにちは。ブログにお越しいただき、ありがとうございます。

ハーティネス上町カフェは、カルチャー教室、セミナー、パーティ、ギャラリー、展示会などに活用できるレンタルスペースを併設した、ちょっとめずらしいカフェ。

「シニアの健康支援」や「プチ起業家の支援」なども行っています。

挽きたて・淹れたての珈琲や紅茶はもちろん、野菜たっぷりの週替わりランチが自慢。ボリュームもあるので男性のお客さまにも好評です。ビジネス街ではありませんが、近隣の会社の方々にもお越しいただけるようになりました。

外を眺めながら作業や読書ができる、窓際カウンター席も人気です。

旬のお野菜、お魚を使ったランチは、おかげさまで大好評です。

テイクアウトも19時までやっているので是非、夜ごはんにも、お野菜タップリ・ボリューム満点の週替わりランチを是非ご利用ください。

 

このブログでは、週替わりランチや、旬の食材にまつわるお話を書いています。

今回は、

ふわふわの春キャベツもおいしいです~キャベツ

年中、わたしたちの食卓にかかせない野菜の一つです。

1.キャベツとは?

キャベツは、アブラナ科の野菜で、もともとは西ヨーロッパが原産。紀元前から親しまれている野菜です。日本では江戸時代にオランダ人によってキャベツがもたらされたが当初は観賞用だったといわれています。食用として本格的に栽培され始めたのは、明治時代のころで、外国人の避暑地でもあった軽井沢でも栽培がはじまったそうです。

涼しい気候でもよく育ち、寒さにも耐えられるので、日本各地で生産されています。キャベツは、芯がしっかりした冬キャベツと、芯がやわらかく葉が緑色の春キャベツの二つに分けられます。

グリーンボール、ムラサキキャベツ、芽キャベツなど、いろいろな種類に品種改良されています。

 

2.キャベツの旬

本来の旬は冬と考えられているが、産地の温度や高度など日本で栽培するときには地域で出荷時期が異なるのと、品種改良によって通年栽培、収穫されているため、今では、旬はほぼないとされています。

 

3.キャベツの栄養価

キャベツの栄養価(可食部100gあたり。Mサイズ1個あたり約40g)

エネルギー 23Kcal

タンパク質 1.3g

脂質 0.2g

炭水化物 5.2g

カリウム 200㎎

マグネシウム 14㎎

鉄 0.3㎎

葉酸 78µg

ビタミンC 41㎎

食物繊維 1.8g

キャベツには、ビタミン類がたくさん含まれています。特に注目すべきは、ビタミンU。あまり聞きなれないビタミンですが、ビタミンUはキャベジンという名前でもあります。そう、あの有名な栄養ドリンクのキャベジンです(笑)

 

キャベジンには、胃酸の分泌を抑制し、胃や腸の粘膜の新陳代謝を促すビタミンです。つまり、胃や腸の粘膜を強くして胃潰瘍や十二指腸の潰瘍を予防する効果があります。とんかつ屋さんに食事に行くと生の千切りキャベツが持ってあるのも、このような効果も狙ってなのかもしれません。

キャベジンは、水に溶けやすいビタミンです。生のままでキャベツを食べると、効率よくキャベジンを補うことができます。

 

夜遅くまで飲食した次の日や、胃が疲れているときなどには、ャベツを使ったお料理を摂るようにすると、胃腸を守ってくれますよ。

 

4.キャベツのおいしい食べ方

年中、買うことができるキャベツは、お料理方法もさまざまです。カサが増えるうえに、値段もそんなに高くないため、毎日の食卓で活躍してくれる野菜です。

野菜炒めでも定番の野菜ですし、ラーメン、パスタなどにも活用できます。春キャベツとベーコンのオリーブオイル蒸しや、キャベツをちぎって塩昆布とゴマ油で和えてカフェの副菜でもお出ししますが、簡単作れる上においしいので、お家でもぜひ試してみてください。。

ロールキャベツは、素材の味がまるごと味わえておいしいですね。

コールスローキャベツにしておくと常備菜としても保存しておけます。

また、きゅうりやニンジンなどと一緒に浅漬けしてもおいしいです。

メイン料理から、お酒にあう一品料理としてもキャベツは大活躍!

春キャベツはふわふわとやわらかいので、ぜひ生のまま味わってくださいね。

 

5.キャベツにまつわる記念日

キャベツにまつわる記念日を探してみました。

8月2日がキャベツの日だそうです。(独立行政法人農畜産業振興機構による)。由来は、「キャベツを半分に切って断面を並べると、数字8になるから」だそうです。

また、別日で、「ロールキャベツの日」があることもわかりました。

それを制定したのは、冷凍ロールキャベツを製造販売する会社とのこと。というのも、今から130年前の1893年10月4日の時事新報という新聞の献立欄に、ロールキャベツが紹介されてことから、その日に制定されたそう。(当時は、キャベージ巻きという名前だったそうです)

今やおでんの具にまでなったロールキャベツをおいしく食べてもらうことを目的に、2020年に制定されました。

 

まとめ

いかがでしたか?キャベツには、私たちの体を持ってくれるビタミンが豊富で、お料理の幅も広いとがわかりました。

キャベツにはムラサキキャベツや芽キャベツなど色や形の異なるものも作られています。いろんなキャベツを楽しんでみてくださいね。

 

 

当カフェでは季節の食材をふんだんに使ったランチを週替わりで提供しています。

1杯、1杯、丁寧に淹れているコーヒー(ランチ注文の方は150円)も、午後のひとときに、おかげさまで好評いただいています。

コーヒーが苦手なお客様には、紅茶も楽しんいただけるよう日夜研究中!ぜひ、お好みの銘柄や濃さなど、ご意見頂けたら嬉しいです。

ご来店いただく皆様に喜んでいただけるよう、調理担当の息子と日々奮闘しておりますので、ぜひご賞味ください。

LINE公式アカウントで毎週月曜日にAランチ、Bランチのメニューをお届けしているので是非ご登録ください。

カフェ営業時間

月~土 

モーニングタイム 8:00〜11:00

ランチタイム 11:30〜19:00

ディナータイム 19:00〜23:00(大阪市の時短要請の伴い3月1日から当面の間、ご予約のお客様も21時までの営業とさせて頂きます。酒類提供は20:30まで)

定休日 日・祝

ランチ・お弁当の販売は、その他ご予約・ご注文はお電話で事前に頂けるとスムーズです!

06-7492-3252

 


関連記事[カフェランチ/旬の食材

 Comment

  Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です