健康寿命を延ばし高齢者が楽しみながら認知機能ケアに取り組む環境をつくります。

これからが旬の!いちご

公開日: │カテゴリ:カフェランチ/旬の食材

こんにちは。ハーティネス上町カフェ店主の平中です。

生まれ育った町、大阪市中央区上町に、2019年3月カルチャーのあるカフェをオープンしました。

 

ハーティネス上町カフェは、カルチャー教室、セミナー、パーティ、ギャラリー、展示会などに活用できるレンタルスペースを併設した、ちょっとめずらしいカフェ。

挽きたて・淹れたての珈琲や紅茶はもちろん、野菜たっぷりの週替わりランチが自慢。ボリュームもあるので男性のお客さまにも好評です。ビジネス街ではありませんが、近隣の会社の方々にもお越しいただけるようになりました。外を眺めながら作業や読書ができる、窓際カウンター席も人気です。

旬のお野菜、お魚を使ったランチは、おかげさまで大好評です。

このブログでは、週替わりランチや、旬の食材にまつわるお話を書いています。

 

これからが旬!いちご

年末から春にかけて、スーパーなどで売られています。あまおう、とちおとめ、さちのかなど、地域ごとにブランドがあり、甘さや酸味も違うのが特徴です。

 

1.いちごとは?

いちごは、バラ科の一種です。果物の多くは、食べる部分が果実となっていますが、いちごは少し違っています。イチゴの果実の部分はゴマのようなツブツブで、私達が食べる部分は、花托(かたく)という、花の一部です。

また、イチゴは果物として有名ですが、正式には野菜です。そもそも、野菜は畑で作るもの、とされ、木に成るもの(りんご、ぶどう、なしetc.)を果物と定義されています。いちごは、スイカやメロンと同じように、畑になっているので、実は野菜の一種なんです。

とはいえ、いちごは市場では果物として扱われています。(スーパーでも果物コーナーに置いてありますよね)

植物の分類では野菜ですが、流通上では果物となっているんです。

2.いちごの旬

いちごの旬は、毎年1月から5月にかけてです。まさに「いちご」そのものですね。

クリスマスケーキが並ぶ12月ごろから出回り始め、ゴールデンウィークあけごろまで食べごろです。

3.いちごの栄養価

いちごの栄養価(可食部100gあたり。1個あたりおよそ12g)

エネルギー 34Kcal

タンパク質 0.9g

脂質 0.1g

炭水化物 8.5g

カリウム 170㎎

マグネシウム 13㎎

鉄 0.3㎎

ビタミンC 62㎎

葉酸 90µg

食物繊維 1.4g

いちごは、ビタミンCや葉酸が多く含まれています。

ビタミンCは、サプリメントや化粧水の成分でもおなじみの栄養素です。ビタミンCはコラーゲンをつくるために必要なものです。コラーゲンは、細胞と細胞をつなぐもので、体中の多くの細胞に存在しています。そのため、ビタミンCを適切に摂ることで、皮膚や粘膜を正常に保つことができます。

また、ビタミンCには抗酸化作用があり、活性酸素によって体の組織がダメージを受けるのを解消してくれます。

ビタミンCは水に溶けるため、多くとりすぎても過剰症による体の不調は起こりにくいとされていますが、サプリメントや栄養ドリンクなどで大量に摂りすぎると胃腸障害を起こすこともあるので、サプリメントに頼りすぎないようにしてくださいね。

 

葉酸は、DNAなど核酸合成に必要な成分です。赤血球の生育を助けたり、胎児の発育にも深くかかわったりするなど、葉酸は少量ながらも大きな働きをしてくれています。

葉酸が不足すると、赤血球が正常に作られなくなり(巨赤芽球という細胞になってしまいます)、貧血の原因にもなります。また、妊娠初期に葉酸不足だと、胎児の神経管閉鎖障害(二分脊椎)の原因になることもあります。

 

いちごは、包丁で切らずにそのまま一口で食べられるので、体調がすぐれないときにも食べやすいですね。

 

4.いちごのおいしい食べ方

いちごはそのままでも十分おいしく食べられますが、ジャムにしたり、ドライフルーツにしたり、冷凍したりなどして長期保存もできる果物です。

ドライフルーツはシリアルにまぜて朝食にしたり、ヨーグルトやサラダのトッピングにしたりと、いろいろと活用できます。

冷凍いちご(業務スーパーではベリーミックスとして売られていることが多いです)は、ヨーグルトのトッピングにしたり、スムージーに使えたりとこれもいろいろな使い道があります。

生のままだと、いちごパフェにしたり、ホットケーキに添えたり、フルーツサンドにしたりと、デパ地下で有名なフルーツサンドのお店でもよく登場しますね。

あなたのおすすめのいちごのスイーツ、ぜひ教えてください。

 

5.いちごにまつわる記念日

いちごにまつわる記念日を調べてみまし。毎年1月15日が「いちごの日」と制定されているそうです。「いい いちご」で、「1月15日」だそうです。1月中頃(15日前後)が、いちごの収穫の最盛期を迎えることから制定されたといわれています。

 

まとめ

いかがでしたか?今回は、年末年始によく見かける「いちご」について調べてみました。

ビタミンCが豊富な上に手軽に食べられ、みずみずしい赤色は料理映えもします。ハウス栽培、品種改良などで年中食べることができるようになったいちごですが、旬の時期のいちごは、栄養も豊富に含まれている上に味も格別です。

ブランドごとにも甘みや酸味が異なるので、いろんないちごを食べ比べてみると楽しいかもですね。

 

当カフェでは季節の食材をふんだんに使ったランチを週替わりで提供しています。

1杯、1杯、丁寧に淹れているコーヒー(ランチ注文の方は150円)もおかげさまで大人気です。

コーヒーが苦手なお客様には、紅茶も淹れ方を試行錯誤、ご好評いただいています😋

ご来店いただく皆様に喜んでいただけるよう、調理担当の息子と日々奮闘しておりますので、ぜひご賞味ください。

カフェ営業時間

月~土 9:00-19:00

定休日 日・祝

ランチ・お弁当の販売は11:30-18:30まで

ご予約・ご注文はお電話で事前に頂けるとスムーズです!

06-7492-3252

 


関連記事[カフェランチ/旬の食材

 Comment

  Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です